プロフィール

鐵次郎

Author:鐵次郎
生長在印度和錫蘭
為野生的長小喬木
GS系列同好大歡迎w



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


液晶.易經
剛完結那天就很想寫了一直沒時間
(因為剛拿到三本小說、就一直看下去xd"

49集的義經終於完結了
雖然完結的時候家臣們一個個掛掉
可是掛太慢都哭的沒FU了..
安宅之關那段還比較可憐

其中最喜歡的就是「五条大橋」跟「安宅ノ關」
才發現自己真的很喜歡義經與弁慶這對主從
再加上在NHK看過浄瑠璃「勧進帳」
覺得特別有興趣

智仁勇啊,
杖打自己的主上
想必弁慶一定很痛心..
平松健さん演的很棒ˇ
弁慶的粗枝大葉卻心思細膩的心境都表達出來了ˇ
(而且還長得有點像我哥XD就很有親切感(?

不過最後一集還有個點
比較期待看到的就是「弁慶の立往生」
傳說弁慶見大勢已去,入殿向正在誦經的源義經訣別,隨後重返戰場,揮刀如舞,人馬無別,頓時血霧瀰漫,遍地屍骸。敵軍近戰不得,於是弓手盡出,萬箭齊發,剎那間弁慶身上插滿羽箭。但只見弁慶仍不見死態,長刀亂斬,狀貌駭人。突然,弁慶大刀一收,宛如佛教的仁王(護法金剛)塑像一般傲然而立,嘴角似笑未笑,身軀則不動如山。敵軍未知弁慶生死,一時間亦無人敢上前探查。後來弁慶被一匹馬撞倒,眾人方知弁慶早已身亡(即著名的「弁慶立往生」)。
--截自 Wiki"源義經"


義經主從之間沒有任何領地或獎賞來維繫
純粹是家臣上下一心
真的是很難得的關係。

-----

大胆な戦略
  兄上の不信
    忠誠な郎党
      源九郎義經 
            
悲劇的な英雄         散華! 

-----
對了,我們家終於買液晶了
42吋ˇ資訊展買的ˇ明天到ˇ好期待ˇ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。