プロフィール

鐵次郎

Author:鐵次郎
生長在印度和錫蘭
為野生的長小喬木
GS系列同好大歡迎w



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蟲蟲危機
因為很在意
所以去查了一下到底為什麼要叫「虫の居どころが悪い」
蟲的居所不好?
為什麼是指心情不好、不高興的意思呢??



「三尸(さんし)」という想像上の虫です。
人間の体内にいると考えられていて、頭に上尸、内臓に中尸、
下半身に下尸がいるといわれています。
この三尸の居所が悪いと、「虫の居所が悪い」状態になるわけです。
「腹の虫がおさまらない」というのもこの虫ですね。
また三尸は庚申の日になると、人間の身体から抜け出して、
天帝にその人の悪事を報告するのだそうです。
それを防ぐため、一晩中起きて過ごす「庚申講」「庚申待ち」という行事が盛んに行われていました。
http://www.koshindo.com/whats.html
---by Yahoo!知恵袋


好像是來自道教的說法。
主要內容是說,
人體內有所謂「三尸」這種想像中的蟲。
在頭裡的叫上尸、內臟的叫中尸、下半身則有下尸。
在這三處如果呈現不好的狀態、就叫「虫の居所が悪い」
所謂「腹の虫が治まらない」就是這種蟲在作怪。
(直譯叫肚裡的蟲無法平穩下來
(好像是非常生氣的意思,腹が立って我慢できない

這三尸會在庚申之日從人體跑出來
向天帝報告這個人的壞事
為了防止這種事發生,就有像這樣一整晚都得醒著的「庚申講」「待庚申」的儀式


很有趣的說法
像這種中國的神怪之說、日本人意外的非常喜愛呢
我還去翻了那個連結中的網頁、還有他們定期舉行「庚申講」的照片
....看起來好像就是聚餐或外出遊玩的活動..
總覺得有點...

行庚申之名、實遊玩之義的感覺xd(毆
這些是題外話就是了xdd

***


還有另一個更多蟲的說法(?
這是我查「虫がいい」的解釋

江戸時代の日本では、人間の体には九匹の虫がいて、
これが感情や意識を呼び起こすと信じられていました。
例えば、この虫が危険を察知して知らせる状況を「虫が知らす」といいました。
感情や意識を呼び起こすと言われる「虫」が自分勝手やっている状況が
「虫がいい」という事なのでしょう。
他にも「虫が納まる」 「虫が嫌う」 「虫が知らせる」 「虫が好かない」 など、
『心の虫』の有り様を示す言葉はたくさんありますね。
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=493209
---by Yahoo!知恵袋


在江戶時代的日本,人們相信在每個人身體裡都有九隻蟲(有點噁心...
能夠影響人們的情感及意識。比如說,
這隻蟲能夠察覺到危險的狀況的話、就叫「虫が知らす」(預感蟲xd?
能夠控制情感或意識、使人變的隨心所欲的蟲,就會用「虫がいい」來稱呼
另外還有其他蟲的說法

我有聽過「虫の感」這個,是第六感的意思
應該跟那個虫が知らす意思一樣吧


還有小孩子半夜哭鬧、或突發性癲癇什麼的
聽說也是這種蟲在作祟,這種叫「疳の虫(かんのむし)」
疳就是指半夜哭鬧等狀況


***

說來說去
我還是覺得很有蟲師的影子吶...
也許蟲師就是從這裡出來的吧


所以如果第六感很強的人
表示他肚子裡的蟲很多囉w(誤

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。